ストレートネック、まずくないですか?姿勢の悪さが及ぼす悪影響

上田式首の痛み改善プログラムDVDガイドマスターの画像

ストレートネック、まずくないですか?姿勢の悪さが及ぼす悪影響

上が向けない!現代人が抱えるストレートネックとは
ストレートネックとは、日常生活の中で長時間パソコンを使用し続けたり、スマートホンの操作などでうつむき加減の姿勢を長時間続ける人に起こる症状です。主な痛みは上を向くときに首の後ろ側が痛む事があります。ストレートネックで首が痛い時は、自分でできる対処方法として、タオル枕が有効と言われています。方法はバスタオルなどをクルクルと巻き、筒状にしたものを首の下に引くだけで痛みの改善に繋がる事があります。

 

 

スマホ・PC利用者は要注意!ストレートネックの怖い激痛
ストレートネックは、本来前方にカーブしている首の骨がまっすぐになってしまう症状です。頭をうまく支えられず、激痛やひどいめまいに襲われ、日常生活が困難になることもあります。最近若い人に増えている症状で、長時間スマホやパソコンを使い姿勢が悪くなることが原因と言われています。整形外科や整体、接骨院などで治療を受けることができます。普段から適度にストレッチをして予防しましょう。

 

 

生活習慣を見直そう!肩こりの意外な原因はこんなところにも!?
パソコンやスマホが普及した現代では、長時間にわたって頭を前へ傾ける機会が増えてきました。このような前のめりの姿勢を続けていると、本来は緩やかなカーブを描いている頸椎がストレートネックの状態になり、首や肩にかかる負担が大きくなります。その結果、ひどい肩こりに悩まされるようになるのです。

 

 

その姿勢、まずくないですか?姿勢の悪さが及ぼす悪影響
「最近なんとなく体調がすぐれない…」ひょっとすると、姿勢の悪さが原因なのかもしれません。ストレートネック(頸椎の前湾角度が30度以下の歪んだ状態)、猫背、肩甲骨が丸まっているなど、姿勢の悪さも様々ですが、これにより、体調不良が起きます。例えば、頭痛・肩こり・首の痛み・腰痛・めまい、ふらつき・吐き気・手のしびれ・逆流性食道炎・自律神経失調症・鬱等。これを機に正しい姿勢を見直してみてはいかがでしょう?

 

 

腰痛の原因!現代病であるストレートネック
ストレートネックは頭の重さや運動した時の衝撃が吸収されるための首の自然のカーブが失われている状態をさします。腰痛や頭痛の原因にもなっていて、スマホやパソコンを操作する機会が多い人によくみられる症状です。そのため、腰椎の歪みも伴うケースが多いです。