ストレートネックは筋肉が緊張し頭が締めつけられるような症状が出ます

上田式首の痛み改善プログラムDVDガイドマスターの画像

ストレートネックは筋肉が緊張し頭が締めつけられるような症状が出ます

 

症状の悪化を疑う吐き気
ストレートネックと吐き気の関係は長時間、首を下へ向けた姿勢が続いてしまうことで首の骨がまがってしまうと首に通っている血管やリンパなどにも影響を及ぼします。自立神経の乱れから吐き気がでることもあります。

 

 

ストレートネックには嘔吐の症状があります
ストレートネックと嘔吐の関係を解説します。ストレートネックであると、首から頭へかけての筋肉が緊張し頭が締めつけられるように、頭痛やめまい、嘔吐などの症状を呈することがあります。よく、「脳神経外科を受診し、脳には問題がなかった」という方が意外とこの疾患が原因だったということがあります。

 

 

ストレートネックによる息苦しさを感じる理由
ストレートネックと息苦しい関係を説明します。この疾患によって肩こりが起こり、筋肉が過度に緊張します。そうなると交感神経が優位になります。息を吐くことより息を吸うことが優位になってしまい、息苦しさを感じるようになります。

 

 

ストレートネックと動悸の関係
ストレートネックと動悸の関係は首には、大切な血管や神経が通っています。そのため自律神経に影響が出て、めまいや動悸が起こってきます。手のしびれ、吐き気などが出た場合には、特に要注意です。

 

 

だるさを軽く侮ってはいけません
ストレートネックとだるい関係を解説します。ストレートネックとは、長時間パソコンやスマホをいじるなど下向きの姿勢が続いてしまうことで首の骨が30度以下の状態になってしまうのです。その結果、自律神経をはじめ肩こり、頭痛がおこることでだるい症状がでてきます。